ニキビケアの時間割【ニキビ化粧品の比較レポート!】

大人ニキビに悩んだ管理人が、実際に使った化粧品やお試しセットを比較。本当に良かった洗顔・化粧水のおすすめや、安くて良いプチプラコスメ、とりたい成分などをまとめました。
MENU

ニキビを治すならただ化粧品を使ってもだめ!

主にこんなニキビ肌の悩みがある人に参考になるかと思います

  • ニキビが出来るのは、鼻・ほほ・顎下が多い
  • 治ってもすぐまた他のところにできる
  • 毛穴の黒ずみが酷い
  • Tゾーン(おでこから鼻)がテカテカ)

思春期から始まって、大人までつづくニキビの悩み・・・。
当サイトはニキビに10年以上悩まされた管理人が

 

「ニキビのないすべすべ肌になる」

 

をめざして実践したことをすべてまとめたサイトです。
試してみたスキンケア方法や、その時使っていた化粧品のレビューなどを紹介しています。

 

徹底比較 ニキビに満足したランキング

 

  総合ランキング 洗顔部門 化粧水 保湿・オールインワン
ノブAC

オイリー肌に特にオススメ

ファンケル

低刺激・コスパ抜群

シーボディ

高いけどこれなしでいられない溺愛

ジッテプラス

ベタつかずに全身使えるのも良い

ファンケル

低刺激・コスパ抜群

ノブAC

ピーリング効果あり。角栓予防に◎

プリモディーネ サラスベ
ラ・ミューテ

バラの香りがリッチな気分

ビーグレン

クレイ洗顔が楽ちん

ラ・ミューテ ジュエルレイン
ビーグレン 草花木果 エトヴォス ルフィーナ
エトヴォス

シンプルだけど良い

ルナメア ノブAC アットベリー

 

 

生理周期に注目! 1ヶ月のニキビ撲滅スケジュール

女性の生理周期から計算して、どんな時期にどんなケアをすれば良いのか
1ヶ月のスケジュールをまとめました。(男性の方はすみません・・・)

 


例えば生理前の期間は、皮脂が多く分泌されやすい期間のためニキビもできやすい時期です。
普段は行わないピーリングを行って角質ケアをしてあげるのも良いでしょう。
ただし、肌が敏感にもなりやすい時期なので、刺激の少ない化粧品を使ってやさしくケアするのがポイント

 

一ヶ月間のなかで、今はどんなケアをすべき時期なのか、またやらない方が良い時期なのかを詳しく説明しています。

生理周期から考える!ニキビの美肌化スケジュールを見てみる!


 

 

今までのように、

 

「これニキビに良いんだって〜使ってみよ」
と、ただ化粧品を使ってみるのではなくて、

 

 

「今は皮脂が多くなる時期だから、ピーリングもやってみよう」
など期間にあったスキンケアを取り入れることで、効果をより感じやすくなりますよ。

 

一ヶ月後のすべすべ肌をめざして一緒に頑張りましょう!

 

ニキビを治すための3ステップ

私がニキビのないサラサラ・すべすべ肌になるために、行っていたスキンケアのコツはこの3つ。

 

毛穴の汚れを溜め込まないようにしよう
開いた毛穴は引き締める
ニキビのできにくい肌をキープしよう

 

詳しく見ていきましょう!

 

ポイント1.毛穴の汚れを溜め込まない

 

ニキビができる原因って色々いわれていますよね(´゚д゚`)

 

「ストレスが原因」
「生理前ニキビ」
「チョコの食べ過ぎ」

 

などなど本当に色々な原因があてはまるのですが・・・

 

直接の原因は「毛穴が塞がっていること」なんです。

 

ここでニキビができるしくみをおさらいしてみましょう。

 

ニキビができるしくみ

ニキビとは、まず毛穴に余計な皮脂や汚れがたまってしまうことから始まります。
フタをされた毛穴は詰まってしまい、中でアクネ菌が繁殖をおこし炎症してしまうんですね。

 

 

つまり、ニキビ予防には毛穴を塞いでしまわないことがとっても大切!

 

毛穴に汚れをのこさないためにも
クレンジングや洗顔が超・重・要!
となるんですね。

 

ニキビ肌向けのクレンジングの選び方や、洗顔方法についての記事はこちら

洗顔よりも重要だった?クレンジングの選び方

殺菌成分は本当に必要?ニキビ肌向け洗顔料

これはNG?正しいクレンジングのやり方

肌に負担をかけない洗顔テクニック

 

 

 

ポイント2.開いた毛穴は引締め&保湿

毛穴の汚れや詰まりを落としても
そのままだと穴がぽっかり開いたままです。・゚・(ノД`)・゚・。

 

残念ながらぽっかりと大きく開いてしまった毛穴はそう簡単には小さくなりません。
そのため毎日コツコツと引締めケアを続けることが大事。

 

毛穴引き締め系の化粧水を使用しましょう。

 

おすすめはビタミンC誘導体配合の化粧水
ニキビ以外にもシミやたるみ毛穴にも対応している重要アイテムです。

 

ビタミンC化粧水のデメリットは、乾燥しやすいことなので、保湿美容液と組み合わせるとなおベスト!

 

ビタミンCの誘導体入り お気にいりの化粧水はコレだ!

ビタミンC化粧水 高いのと安いのは何が違うの?成分を解析

ニキビ肌でもベタつきにくいのは○○が入った保湿

 

ポイント3.ニキビの出来にくい肌をキープ!

ステップ1.2が基本スキンケアテクニックとなります。
それに加えて、生活習慣の改善や週に一度のスペシャルケアを組み合わせていきましょう!
普段から気をつけたい、質のよい睡眠・食べておきたい栄養素から
週に一度とりいれたいパックやピーリングなどをまとめました。

 

 

また、ニキビがあってもメイクはしたい、むしろニキビを隠したいですよね・・・。
できるだけ肌に負担がかかりにくいファンデーションの選び方なども紹介しています。

 

生理前だけニキビが出来るなら・・・ピーリングも取り入れよう

イオン導入で効率アップ!ビタミンCパック

ニキビ肌に向いているファンデーション

ニキビケアでとりたい栄養素

冷え性の女性におすすめ!漢方薬

 

 

番外編 ニキビ跡ができてしまったら・・・!

ニキビが治ったのに目立ってしまうニキビ跡。
ニキビの炎症がひどくなってしまうと、直った後もまるでニキビがあるように赤く腫れてしまいます。

 

ニキビ跡は大きく分けて三種類あります。ニキビ跡のお手入れ方法についてまとめました。

 

「赤みの残るタイプのニキビ跡」

「色素沈着してシミになったニキビ跡」

「クレーターのような陥没があるニキビ跡」

 

諦めないで!1ヶ月間で習慣化

ニキビの悩みは誰もが経験しているものです。
ただその中でも、ニキビがすぐ治る人と、繰り返して絶えずニキビがある人がいるのは事実です。

 

「私はニキビができやすいから無理だ・・・」
「1週間くらい使ってみたけど、全然効かなかったよ」

 

と諦めないで、1ヶ月間本気でニキビケアをしてみませんか?

 

人は何かを続けようと思った時、最初の一週間で40%以上の人が挫折してしまうと言われています。
最初の一週間をクリアして、ニキビが出来ないスキンケアを習慣にしていきましょう!(*???*).。.:*?

 

 

 

 

 

管理人が溺愛中のコスメ化粧品はこちら

管理人は色々試してみたいタイプなので、ライン使いにはこだわっていません(^_^;)
気に入ったアイテムを良いとこどりして使っております。
ほとんどの化粧品にトライアルがあるので、気になる製品があればぜひ試してみて下さーい

 

ファンケルのアクネケアウォッシュ

総合満足度:4.5

 

現品でも1500円位。ケチらずガンガン使えるのが良い

 

 

価格:トライアル1000円 単品だと1512円
使い方:二センチくらいを手にとって泡立てます。
感想:低価格なのに、ニキビ向け成分あり、アルコールもフリー。毎日使えるコスパが良い

 

ファンケル アクネケアお試しキットを使った口コミ・レビュー

 

ビーグレンのクレイウォッシュ

総合満足度:4.5

 

泡立て不要だから朝の洗顔がめっちゃ楽ちん。値段が安くなればいいのにな

 

価格:トライアル1800円 単品だと3900円
使い方:ちょっと濡らした顔に、クリームをマッサージするようになじませて洗い流します(泡立て不要)
感想:朝がすごく楽です。使っていると毛穴の黒ずみがかなりマシになりました。

ビーグレンニキビケアを使ってみた体験談

 

シーボディのVCローション

総合満足度:4.3

 

ビタミンCってスゴイんだ!と実感させてくれた化粧水。しかし高い。でもやっぱり全然違う

価格:トライアル1944円(税込) 単品だと8640円
使い方:手にとってパッティングするか、コットンに浸してビタミンCパックとして使用しています。毛穴クレンジングをした後に使用すると、キュッと引き締まるのがよくわかる。お高いのでプチプラの保湿化粧水と組み合わせて使っています。
ニキビケアの時間割【ニキビ化粧品の比較レポート!】

シーボディVCスターターセット 口コミ体験レビュー

 

ジッテプラス

総合満足度:4.1

 

めんどくさい時は洗顔後にこれだけつけてる。全身使えるから余ったらデコルテとか背中にもOK。

価格:最初の1ヶ月980円 二回目以降は4980円 (単品で買うと6980円)
使い方:保湿クリーム代わりに使っています。でも面倒なときは、洗顔後にこれだけつけておけばオッケー。
ジェルなのでベタベタせず乳液やクリームだとニキビができやすい人にもオススメ。

 

ジッテプラス(jitte+)を使った口コミ 背中ニキビや色素沈着に効果あり?

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ