ベルブランのリアル口コミレビュー【写真あり】

MENU

ベルブランでニキビ跡のケアはできる?使ってみたレビュー

ニキビ染み向けの美容液 ベルブランを実際に使ったレビューです

 

ニキビが治ったあとも、ニキビ跡が赤くシミになってしまったり、日焼けして茶色く色素沈着してしまったり・・・
炎症はないのにまるでニキビがまだあるみたいに赤黒く残ってしまうことありますよね。^^;

 

ドラッグストアを覗いてみても、アクネ化粧品や美白化粧品はあるけど両方対応しているものってなかなかないんです。
そこで知ったのが、美白ケア&ニキビケア美容液のベルブランでした。

 

美容液だからちょっと高いのですが、その分頑固なニキビ跡にも効果もありそう・・・と思い使ってみましたよー。

 

>>ベルブランの公式ショップはこちら<<

 

 

 

ベルブランが届きました。

中身はシンプルで、ベルブラン本体と使い方の説明書です。

 

本体は美容液なのでやや小さめのボトル(30ml) 約1ヶ月ほど使用できます。

 

プッシュ式の美容液なので、衛生的に使えるのも良いですね。

 

ベルブランの効果的な使い方

  1. 洗顔後の清潔な肌にベルブランを3-4プッシュ
  2. 手のひらをつかって顔全体になじませます。
  3. いつもの化粧水で保湿してください。

 

ベルブランは、洗顔後のお肌にすぐ使う美容液です。
化粧水のあとではないので注意!

 

また、ニキビが気になる部分だけでなく顔全体になじませるのがポイントです。

 

毎日2回、洗顔後の清潔な状態の肌に、ベルブランを3-4プッシュして顔全体になじませます。
そのあとにいつもの化粧水を使ってくださいね。

 

肌の状態が悪い時はコットンパック

ニキビ染みが気になる部分や、肌の状態がいまいちな時はコットンパックをするのがおすすめ。
コットンパックは、コットンに水(できれば精製水)をふくませて、さらにベルブランを500円玉くらいしみこませます。
コットンをうすく剥がし、顔にパックしてください。時間は3分が目安。やりすぎるとかえって乾燥してしまうので長すぎもだめですよ!

 

透明でややとろみのある液体の美容液です。なじませるとふっくらお肌がやわらかくなるような感じ。

 

美白成分入りですが、保湿系成分も入っているせいか、乾燥やピリピリ感はありませんでした。

 

ベルブランの気になる疑問!

 

ニキビが悪化しない?

ベルブランにはニキビ用化粧品によく配合されているグリチルリチン酸2kが配合されていて、ニキビ予防にも向いています。
私が使っていた間にもニキビが大きくなったり増えたりすることはなかったです。

 

 

ゴワゴワしたニキビ跡には効果があるの?

保湿成分が豊富なためか、肌につけたあとはやわらかくフカフカとした肌になります。そのせいかいつも気になるごわつきやザラザラが滑らかになったように感じました。

 

ただ、凸凹と穴があいているようなニキビ跡のケアだと、正直化粧品だけじゃ難しいのでは?と思いました。
肌をふっくら潤わせて毛穴を目立たなくする・・・といったケアはできると思いますが、穴をふさぐような効果は厳しそう・・・という印象です。

 

 

美白成分って肌がかぶれたりしないかな

ベルブランに配合されている有効成分は「トラネキサム酸」です。これは資生堂のHAKUなどにも使われている有名な成分ですね。

 

また香料やアルコール(エタノール)パラベン、石油系界面活性剤は使用されていないため、低刺激の美容液になっています。
とりあえず私は約一ヶ月使用しましたが、かえって肌が荒れてしまった・・・って事はなかったです。

 

 

 

どのくらい使えるの?

ベルブランは一日2回、一回あたり3-4プッシュの使用がおすすめされています。
この使い方で約一ヶ月間顔全体に使うことが出来ました。

 

 

ベルブランはどこで買うのが安い?

ベルブランは通販で購入することができますが、どのお店が安いのか比べてみました。

  公式ショップ 楽天 Amazon
定期コース(3ヶ月) 4228円 なし なし
返金保証 60日間(定期コース) なし なし
通常価格(単品) 7280円 なし 8200円
送料 定期コースは無料 - ショップによる

一番安く買うのなら、公式ショップの定期コースを利用するのが安いですね。通常価格より3000円近く安くなりかつ送料も無料になります。

 

ベルブランのメリット【良かった所】

  • 美白ケアとニキビケア両方できるのがいい(アラサー嬉しい)
  • 普段の化粧品にプラスするだけなのも楽チン
  • 肌がモチモチ、なめらかな肌に

 

 

 

 

ベルブランのデメリット【悪かった所】

  • 単品購入だと7000円と高い
  • 毛穴の汚れなどには向いていない

 

 

 

ベルブランの感想まとめ

ベルブランの最大の特徴は「ニキビケア&美白ケア」が両方できるところですね。市販の化粧品だと美白化粧品またはアクネケア化粧品に分かれてしまうので
両方できる欲張り感は良かったです(*^^*)

 

シミは予防が大切ですから・・・! できてから薄くするのはほんとに大変なので、出来る前からケアするのが一番ですよまじで。

 

紫外線はシミに悪いってことは有名ですが、ニキビにも良いなんてことはありません!
ニキビ跡がシミになるのは避けたい・でもニキビケアもしたい

 

そんな人にはぴったりの化粧品だと思いました。

 

 

難点というか向いていないと思うのは、毛穴づまりでニキビができやすい人ですかね。
オイリー肌で毛穴が詰まるとニキビが炎症してしまうタイプの方は、ベルブランだけのケアだと物足りないかも(毛穴汚れをおとす洗顔も必要かも)
思春期ニキビの方より、大人ニキビに悩む人向けだと思います。

 

 

私はアラサーなんですが毛穴は詰まりやすい方なので、ノブビーグレンの洗顔などで毛穴ケアもしたあと、ベルブランのような美白化粧品でケアすると完璧かなと思いました。
値段がもう少し安くなればな・・・リピート検討中です。

 

 


 

アイテム別人気ランキング

洗顔料ランキング 化粧水ランキング


>>クリック


>>クリック

クレンジングランキング 美容液ランキング


>>クリック

>>クリック
保湿・乳液 オールインワンゲル

>>クリック

>>クリック