化粧品・コスメのコラム

MENU

アイテム別人気ランキング

洗顔料ランキング 化粧水ランキング


>>クリック


>>クリック

クレンジングランキング 美容液ランキング


>>クリック

>>クリック
保湿・乳液 オールインワンゲル

>>クリック

>>クリック


化粧品・コスメのコラム記事一覧

 

様々な洗顔料が販売されるなか、洗顔石鹸が年齢や性別を問わず人気のアイテムとなりつつあります。いったい、洗顔石鹸のどんな所が魅力なのでしょうか?主に含まれる成分から、効果や効能などを見ていきましょう。天然由来の洗浄成分ですこやかな肌に洗顔料を使う理由は、肌の余分な汚れを落とすことにあります。水だけでは落としきれない皮脂、毛穴の黒ずみを放置していると、炎症やニキビの原因になりかねません。しかし洗浄力が...

 
 

肌ケアで人気の洗顔石鹸ですが、使い方を間違えてしまうと効果も半減です。洗顔石鹸の正しい使用方法とは、どのように行うのでしょうか?お肌への刺激や負担を減らす洗顔のコツを見ていきましょう。美肌作りのポイントは泡にありお肌は非常にデリケートですから、ゴシゴシ洗うのは禁物です。刺激を抑えるためにも、洗顔石鹸はしっかりと泡立ててから使うようにしましょう。濃密な泡はクッションの役割を果たし、肌への負担を軽くし...

 
 

洗顔料を選ぶ際、洗顔フォームと洗顔石鹸どちらを選んでいますか?それぞれにメリットがあるなか、最近は石鹸の人気が高まっています。洗顔フォームと洗顔石鹸、いったいどこが違うのか、またどちらが肌にいいのでしょうか。洗浄成分から紐とく、肌に優しい洗顔料洗顔料に配合される洗浄成分ですが、洗顔フォームと洗顔石鹸の大きな違いはここにあります。洗顔フォームには、主に合成界面活性剤が使用されており、洗浄力が高いのが...

 
 

洗顔石鹸を使用していて一番困るのは、その保管の仕方ではないでしょうか。むき出し状態の石鹸をどこに置いたらいいのか、またどのように保管したらいいのか迷ってしまいますよね。洗顔石鹸の正しい保管方法と、最後まで使い切るポイントをみていきましょう。水気を切って衛生的に洗顔石鹸を使った後、泡がついたまま放置したり、水分を含んだままですと雑菌の繁殖に繋がってしまいます。使用後は石鹸についた泡を洗い流し、十分に...

 
 

多種類の洗顔石鹸が発売されていますが、お値段も様々なようです。数百円の安い物から、高い物では数千円する物まで、まさにピンキリ。一般的な洗顔石鹸の値段はどのくらいなのでしょうか、コスト面をチェックしていきます。洗顔石鹸の種類からみる価格帯洗顔フォームと比較すると、洗顔石鹸の方が平均単価も高くなっている傾向にあります。化学合成し大量生産した洗顔フォームより、天然成分にこだわった石鹸の方がコストはかかっ...

 
 

洗顔石鹸の種類も多様になり、今では効能を頼りに購入している方も多くいるそうです。様々な効果が期待できる石鹸ですが、その中でも殺菌効果のある石鹸はどのように選んだらいいのでしょうか?配合されている成分も一緒にチェックしていきましょう。殺菌効果だけで判断しない、石鹸選びのコツ肌トラブルの原因となるバイ菌を殺菌、抗菌する事で、肌の状態が良くなる場合があります。しかし、あまり殺菌に力を入れ過ぎてしまうと、...

 
 

固形の洗顔石鹸を見ていくと、透明タイプの物と不透明タイプの2種類に分かれているようです。この色の違いにはなにか理由があるのでしょうか。またそれぞれの特長や配合される成分、期待される効果も変わってくるのでしょうか?透明タイプの洗顔石鹸の特長透明タイプの固形石鹸は、主成分である石鹸素地に加えグリセリンを含んでいる物が多いです。グリセリンは天然の保湿成分と言われ、製造工程のなかで生まれる成分です。潤い効...

 
 

肌への負担が少ないと言われる洗顔石鹸ですが、デリケートな肌質の方は石鹸でも刺激を受けてしまいがちですよね。そこで見直されているのが、低刺激タイプの石鹸です。肌の負担を軽くしたい方のための低刺激石鹸とは、どんな物なのでしょうか?余計な成分を排除したシンプルな洗顔石鹸洗顔石鹸に配合されている成分に肌が反応し、刺激となってしまう場合が多くあります。合成界面活性剤を含む石鹸ですと、洗浄力が高すぎて肌を傷め...

 
 

最近では、クレンジング機能を備えた洗顔石鹸に人気が出ています。メイク落としと石鹸のダブル洗顔だと、肌に負担がかかってしまうと注目されているそうですよ。石鹸ひとつでメイク落としまで可能な、クレンジング不要の洗顔石鹸とはどんな物なのでしょうか。肌に優しいクレンジング石鹸クレンジング剤のほとんどは、合成界面活性剤を使用しています。これは石油などから人工的に作られた洗浄成分で、洗浄力が高い事で知られていま...