お肌への刺激や負担を考えた本当の洗顔石鹸の使い方とは

MENU

お肌への刺激や負担を考えた本当の洗顔石鹸の使い方とは

肌ケアで人気の洗顔石鹸ですが、使い方を間違えてしまうと効果も半減です。
洗顔石鹸の正しい使用方法とは、どのように行うのでしょうか?
お肌への刺激や負担を減らす洗顔のコツを見ていきましょう。

 

美肌作りのポイントは泡にあり

お肌は非常にデリケートですから、ゴシゴシ洗うのは禁物です。
刺激を抑えるためにも、洗顔石鹸はしっかりと泡立ててから使うようにしましょう。

 

濃密な泡はクッションの役割を果たし、肌への負担を軽くしてくれます。
洗顔時の摩擦も軽減するので、シワやたるみの防止にもつながりますよ。

 

またキメ細かい泡は毛穴の奥まで入り込み、洗浄成分を行き渡らせる事ができます。
黒ずんだ毛穴汚れもごっそりかき出せるので、肌がワントーン明るくなり美肌に近づくのです。

 

 

しかし濃密な泡を作るのは、手間も時間もかかってしまいますよね。
そんな時は洗顔ネットを利用してみてください。
キメ細かい泡がたっぷり作れるので、毎日のケアも簡単に行えます。

 

押さえておきたい洗顔方法

洗顔石鹸の効果をより発揮させるために、洗い方のコツも押さえておきましょう。

 

  1. 石鹸を泡立てたら、Tゾーンを中心にクルクルと洗います。
  2. 手が肌と直接触れないように、優しく滑らせるようにしてください。
  3. 頬や目の周りは乾燥しがちなので、あとから十数秒ほど洗うといいですよ。
  4. トータル1分程度で、すすぎ残しのないよう泡を流しましょう。

 

この時、35度から38度くらいの水温ですと、毛穴を広げ汚れが落ちやすくなるそうです。
洗いすぎやお湯での洗顔は、肌へのダメージが大きくなるので気をつけてくださいね。

 

洗顔後は、清潔なタオルを押し当てるように水気を拭きとり、化粧水などで保湿を行いましょう。
洗顔の基礎がしっかりできた肌は、保湿成分を吸収しやすくなるのでたっぷり潤いを与えるといいですね。

 

手軽な洗顔フォームと比べると少し手間がかかりそうですが、コツさえ覚えればすぐに慣れるかと思います。
洗顔石鹸のポイントを押さえ、日々の肌ケアをしてみてください。

 

 

アイテム別人気ランキング

洗顔料ランキング 化粧水ランキング


>>クリック


>>クリック

クレンジングランキング 美容液ランキング


>>クリック

>>クリック
保湿・乳液 オールインワンゲル

>>クリック

>>クリック


お肌への刺激や負担を考えた本当の洗顔石鹸の使い方とは関連ページ

洗顔石鹸に含まれる主な成分とは?効果や効能について
洗顔石けんによく含まれている成分ってなに?どんな成分があるの?
洗顔フォームと洗顔石鹸どこが違うの?肌に良いのはどっち?
洗顔石けんと洗顔フォームは何が違うのか?肌への負担は変わるの?についてまとめました
洗顔石鹸の正しい保管方法とは?最後まで使い切るポイント
せっけんの正しい保管方法について。また残さず最後まで使い切るコツをまとめました
洗顔石鹸のお値段はどれくらい?コスト面についてチェック
洗顔石けんっての値段の違いはなに?コスパはよいのかどうか
殺菌効果がある洗顔石鹸の選び方とは?成分をチェックしてみよう
殺菌成分が入っている洗顔石けんって本当に肌によいのかどうかを調べました
色の違う洗顔石鹸は成分も効果も違うの?それぞれの特長について
シロだけじゃない。透明、半透明のせっけんって何が違うの?メリットやデメリットを調べました
肌への負担を軽くしたい人のための低刺激タイプの洗顔石鹸とは
低刺激な洗顔石けんっってどんなものがあるの?避けたほうがよい成分について
一つでメイク落としまで可能?クレンジング不要の洗顔石鹸について
クレンジングもできル洗顔石鹸って何が入っているの?