色の違う洗顔石鹸は成分も効果も違うの?それぞれの特長について

MENU

色の違う洗顔石鹸は成分も効果も違うの?それぞれの特長について

固形の洗顔石鹸を見ていくと、透明タイプの物と不透明タイプの2種類に分かれているようです。
この色の違いにはなにか理由があるのでしょうか。
またそれぞれの特長や配合される成分、期待される効果も変わってくるのでしょうか?

 

透明タイプの洗顔石鹸の特長

透明タイプの固形石鹸は、主成分である石鹸素地に加えグリセリンを含んでいる物が多いです。
グリセリンは天然の保湿成分と言われ、製造工程のなかで生まれる成分です。

 

潤い効果が高いので、洗顔後のつっぱり感も軽減できるのが透明タイプの特長と言えます。
また、洗浄力は比較的穏やかな物が多いです。

 

適度な洗浄力で肌に余分な刺激を与えることなく、汚れだけを洗い流す事が出来るので、デリケートな肌には最適ではないでしょうか。
しかし、透明石鹸は大量生産に向かないため、価格が高めな傾向にあります。

 

コストがかかるので、値段が高くなってしまうのは仕方のないことかもしれません。
その分、美容成分なども配合されている場合も多いので、敏感肌や乾燥肌の方にはおすすめしたい石鹸となっています。

 

不透明タイプの洗顔石鹸の特長

透明タイプと比べると安価で販売されている不透明石鹸。
機械で作られている事も多く、大量生産されていることが大きな理由です。

 

洗浄力はしっかりとしており、洗い上がりがさっぱりするのが不透明タイプの洗顔石鹸と言えます。
しかしグリセリンの配合率は低く、保湿力は劣ってしまう物もあるようです。

 

このタイプの石鹸を使用する場合は、洗顔後の保湿ケアにも気をつけてください。
ニキビ予防や、しっかり汚れを落としたい時には最適の石鹸と言えそうです。

 

不透明石鹸の中には肌に適さない物もありますので、化粧石鹸や洗顔石鹸と表記のある物を選んでくださいね。

 

この様に、石鹸の色は配合されている成分によって違いがあります。
なかには不透明でも保湿力の高い洗顔石鹸もあるので、成分表などから判断して頂ければと思います。

 

 

アイテム別人気ランキング

洗顔料ランキング 化粧水ランキング


>>クリック


>>クリック

クレンジングランキング 美容液ランキング


>>クリック

>>クリック
保湿・乳液 オールインワンゲル

>>クリック

>>クリック


色の違う洗顔石鹸は成分も効果も違うの?それぞれの特長について関連ページ

洗顔石鹸に含まれる主な成分とは?効果や効能について
洗顔石けんによく含まれている成分ってなに?どんな成分があるの?
お肌への刺激や負担を考えた本当の洗顔石鹸の使い方とは
できるだけ肌への負担をおさえた洗顔方法について
洗顔フォームと洗顔石鹸どこが違うの?肌に良いのはどっち?
洗顔石けんと洗顔フォームは何が違うのか?肌への負担は変わるの?についてまとめました
洗顔石鹸の正しい保管方法とは?最後まで使い切るポイント
せっけんの正しい保管方法について。また残さず最後まで使い切るコツをまとめました
洗顔石鹸のお値段はどれくらい?コスト面についてチェック
洗顔石けんっての値段の違いはなに?コスパはよいのかどうか
殺菌効果がある洗顔石鹸の選び方とは?成分をチェックしてみよう
殺菌成分が入っている洗顔石けんって本当に肌によいのかどうかを調べました
肌への負担を軽くしたい人のための低刺激タイプの洗顔石鹸とは
低刺激な洗顔石けんっってどんなものがあるの?避けたほうがよい成分について
一つでメイク落としまで可能?クレンジング不要の洗顔石鹸について
クレンジングもできル洗顔石鹸って何が入っているの?