洗顔石鹸の正しい保管方法とは?最後まで使い切るポイント

MENU

洗顔石鹸の正しい保管方法とは?最後まで使い切るポイント

洗顔石鹸を使用していて一番困るのは、その保管の仕方ではないでしょうか。
むき出し状態の石鹸をどこに置いたらいいのか、またどのように保管したらいいのか迷ってしまいますよね。
洗顔石鹸の正しい保管方法と、最後まで使い切るポイントをみていきましょう。

 

水気を切って衛生的に

洗顔石鹸を使った後、泡がついたまま放置したり、水分を含んだままですと雑菌の繁殖に繋がってしまいます。
使用後は石鹸についた泡を洗い流し、十分に水気を切って保管して下さい。

 

この時に冷たい水で洗うと、溶けた石鹸が固まりやすくなるのでおすすめですよ。
石鹸を使用していない時は、スポンジやタオルの上に置くといいです。

 

余計な水分を吸収してくれるので、石鹸の溶け出しを防ぎ、衛生的に保管できます。
他にもネットに入れて吊るしたり、乾燥剤を入れた箱などに入れる方法もあるので、色々と試してみるといいかもしれません。

 

水分を取ることは、石鹸を長持ちさせる秘訣でもあります。
ドロドロ溶けないよう、工夫して下さいね。

 

 

石鹸を使い切るポイントは、保管場所と使用前のひと手間にあり

洗顔石鹸の保管場所ですが、こちらも湿気のある場所は避けた方がいいでしょう。
お風呂場にはなるべく保管しない方がいいのですが、もし置くのなら、風通しを良くしシャワーの水がかからない様にして下さいね。

 

一番いいとされるのは、冷蔵庫の中です。
涼しく乾燥しているので石鹸を新鮮なまま保管でき、最後まで使い切りやすくなりますよ。
また石鹸を使用し続けていると、泡立ちが悪くなったりしますよね。

 

そんな問題を解消するために、最初に石鹸を切ってしまいましょう。
1センチ角程に切っておけば必要以上に消耗しなくていいですし、短期間で使う事で泡立ちも劣らずに済みます。

 

使用していない石鹸は、タッパーや密閉保存袋に入れれば保管もしやすくなるので一石二鳥ではないでしょうか。

 

せっかく購入したのなら、無駄なく最後まで使い切りたいですよね。
正しい保管方法と少しの工夫で持ちに違いが出るので、ポイントを押さえ保管しましょう。

アイテム別人気ランキング

洗顔料ランキング 化粧水ランキング


>>クリック


>>クリック

クレンジングランキング 美容液ランキング


>>クリック

>>クリック
保湿・乳液 オールインワンゲル

>>クリック

>>クリック


洗顔石鹸の正しい保管方法とは?最後まで使い切るポイント関連ページ

洗顔石鹸に含まれる主な成分とは?効果や効能について
洗顔石けんによく含まれている成分ってなに?どんな成分があるの?
お肌への刺激や負担を考えた本当の洗顔石鹸の使い方とは
できるだけ肌への負担をおさえた洗顔方法について
洗顔フォームと洗顔石鹸どこが違うの?肌に良いのはどっち?
洗顔石けんと洗顔フォームは何が違うのか?肌への負担は変わるの?についてまとめました
洗顔石鹸のお値段はどれくらい?コスト面についてチェック
洗顔石けんっての値段の違いはなに?コスパはよいのかどうか
殺菌効果がある洗顔石鹸の選び方とは?成分をチェックしてみよう
殺菌成分が入っている洗顔石けんって本当に肌によいのかどうかを調べました
色の違う洗顔石鹸は成分も効果も違うの?それぞれの特長について
シロだけじゃない。透明、半透明のせっけんって何が違うの?メリットやデメリットを調べました
肌への負担を軽くしたい人のための低刺激タイプの洗顔石鹸とは
低刺激な洗顔石けんっってどんなものがあるの?避けたほうがよい成分について
一つでメイク落としまで可能?クレンジング不要の洗顔石鹸について
クレンジングもできル洗顔石鹸って何が入っているの?