洗顔フォームと洗顔石鹸どこが違うの?肌に良いのはどっち?

MENU

洗顔フォームと洗顔石鹸どこが違うの?肌に良いのはどっち?

洗顔料を選ぶ際、洗顔フォームと洗顔石鹸どちらを選んでいますか?
それぞれにメリットがあるなか、最近は石鹸の人気が高まっています。
洗顔フォームと洗顔石鹸、いったいどこが違うのか、またどちらが肌にいいのでしょうか。

 

洗浄成分から紐とく、肌に優しい洗顔料

洗顔料に配合される洗浄成分ですが、洗顔フォームと洗顔石鹸の大きな違いはここにあります。
洗顔フォームには、主に合成界面活性剤が使用されており、洗浄力が高いのが特徴です。

 

この合成界面活性剤は食器用洗剤などに利用されている事が多く、油汚れに効果を発揮しますが、お肌にとっては逆効果になる事も。
洗浄力が強すぎるため、肌の潤いを必要以上に流してしまう上、肌のバリアー機能を壊してしまう場合があります。

 

また化学成分が刺激になり、肌トラブルを引き起こしてしまう事もあるのです。

 

それに比べ、洗顔石鹸は植物や動物性の油脂から作られた天然の洗浄成分を配合しているので、肌に優しくトラブルも少ないのが特徴です。
洗浄力も洗顔フォームには劣るものの、汚れを十分に洗い流してくれるので、肌にいい洗顔料と言えますね。

 

弱酸性の肌を活性化させるアルカリ性石鹸

CMなどで、よく弱酸性をうたっている商品がありますよね。
事実、肌は弱酸性に保たれているので、同じ弱酸性で洗う方がいいと思われがちです。

 

しかし洗顔石鹸の多くは弱アルカリ性でできており、このアルカリ性で肌を洗うのがポイントとなるのです。
洗顔後、アルカリ性に傾いた肌は本来の弱酸性に戻す動きをします。

 

これを中和能力と言いますが、この機能が働くことにより肌細胞が活性し、肌力を鍛えてくれるそうです。

 

肌の持つ力を高める事により、トラブルの起きにくい強い肌に生まれ変わるのですね。
また、アルカリ性は肌を柔らかくし毛穴を開かせる働きもあるので、毛穴に詰まった汚れもしっかりと洗浄してくれますよ。

 

 

肌への負担や刺激から考えると、洗顔石鹸のほうが肌によい洗顔料と言えそうです。
毎日行う洗顔ですので、肌ケアも兼ねた洗顔料を使っていきたいですね。

アイテム別人気ランキング

洗顔料ランキング 化粧水ランキング


>>クリック


>>クリック

クレンジングランキング 美容液ランキング


>>クリック

>>クリック
保湿・乳液 オールインワンゲル

>>クリック

>>クリック


洗顔フォームと洗顔石鹸どこが違うの?肌に良いのはどっち?関連ページ

洗顔石鹸に含まれる主な成分とは?効果や効能について
洗顔石けんによく含まれている成分ってなに?どんな成分があるの?
お肌への刺激や負担を考えた本当の洗顔石鹸の使い方とは
できるだけ肌への負担をおさえた洗顔方法について
洗顔石鹸の正しい保管方法とは?最後まで使い切るポイント
せっけんの正しい保管方法について。また残さず最後まで使い切るコツをまとめました
洗顔石鹸のお値段はどれくらい?コスト面についてチェック
洗顔石けんっての値段の違いはなに?コスパはよいのかどうか
殺菌効果がある洗顔石鹸の選び方とは?成分をチェックしてみよう
殺菌成分が入っている洗顔石けんって本当に肌によいのかどうかを調べました
色の違う洗顔石鹸は成分も効果も違うの?それぞれの特長について
シロだけじゃない。透明、半透明のせっけんって何が違うの?メリットやデメリットを調べました
肌への負担を軽くしたい人のための低刺激タイプの洗顔石鹸とは
低刺激な洗顔石けんっってどんなものがあるの?避けたほうがよい成分について
一つでメイク落としまで可能?クレンジング不要の洗顔石鹸について
クレンジングもできル洗顔石鹸って何が入っているの?