かゆみのある胸ニキビを引っ掻くのはダメ?どうしたらいいの?

MENU

胸ニキビが痒くなった時はどんなケアをすればよいの?

デコルテニキビがかゆくなったときに、引っ掻いてかゆみを紛らわせるという方もいるのではないでしょうか?
しかしその対処法はデメリットが多いのでおすすめできません。
ニキビを悪化させないように正しく対処して、かゆみを抑えてくださいね。

 

かゆくなる原因や引っ掻いたらダメな理由とは?

デコルテニキビがかゆくなる最大の原因は、肌の乾燥です。
顔はいつも化粧水などで保湿している方が多いと思いますが、デコルテは保湿ケアをされていないことが多いのでどうしても乾燥しがちです。

 

肌が乾燥するとバリア機能が弱まり、外部からの刺激を受けやすくなります。その結果かゆみが発生するのです。

 

かゆくなるとついその部分を引っ掻きたくなりますが、引っ掻くとその部分に傷がつき手の雑菌が付着して状態が悪化してしまいます。
そうするとニキビがひどくなって治りにくくなるだけでなく、ニキビ跡も残ってしまうので絶対にやめましょう。

 

またかゆみがない状態でもニキビを頻繁に触っていると、手についている雑菌によってかゆみが発生することがあるので日頃からニキビをあまり触らないようにしましょう。

 

どうすればかゆみを抑えられる?

まずは乾燥しないように、化粧水をたっぷりつけましょう。デコルテがヒンヤリするくらい何度もつけることが大切です。

 

バリア機能が弱まっているので、配合成分がシンプルな低刺激の化粧水がおすすめです。

 

その際コットンを使うとかゆみが増したりニキビが傷ついたりすることがあるので、手の平を使って優しくつけてください。

 

 

その後は乳液を薄くつけましょう。それにより肌に入れた水分が逃げにくくなります。
できれば保水効果の高いセラミド入りの乳液がおすすめです。

 

顔用の化粧水をそのまま使ってもよいですが、背中ニキビなどのボディケア用のオールインワンタイプのニキビクリームも販売されています。
コレ一つで化粧水〜保湿乳液までカバーしてくれるため、オールインワンジェルのほうが使い勝手は良いですね。

 

 

突然のかゆみで我慢できない!どう対処したら良い?

突然かゆみが発生したときは、化粧水をつける余裕がないときもありますよね?
そんなときは保冷剤や冷水に浸してしぼった濡れタオルなどを当てて冷やすようにしましょう。

 

拡張していた血管が狭くなるので、割りと早い段階でかゆみが治まるのを感じるはずです。

 

しかしあまり長く当てすぎると今度は血行不良をおこして、ターンオーバーが乱れてしまう可能性もあります。
そうするとニキビが治りにくくなるので、少しかゆみが治まったら冷やすのをやめて様子をみましょう。

 

またかゆみがあるときに熱いお風呂に入ると血行がスムーズになってかゆみが増してしまうので、ぬるま湯に入るようにしてください。

 

 

かゆみが発生したら今回紹介した方法を参考にして冷静に対処してくださいね。
ただあまりにもかゆみがひどい場合や対策をしてもかゆみが治まらない場合などは、医師に相談しましょう。

アイテム別人気ランキング

洗顔料ランキング 化粧水ランキング


>>クリック


>>クリック

クレンジングランキング 美容液ランキング


>>クリック

>>クリック
保湿・乳液 オールインワンゲル

>>クリック

>>クリック


かゆみのある胸ニキビを引っ掻くのはダメ?どうしたらいいの?関連ページ

デコルテニキビはなぜ発生するの?主な原因について
胸元にできるデコルテニキビができる主な原因についてまとめました。
胸・デコルテニキビの原因は服にあり?おすすめの選び方とは
デコルテニキビの原因は洋服での刺激も考えられます。服の選び方についてまとめました。
胸・デコルテニキビに効果的?サプリメントの選び方について
胸元のニキビのために摂りたい栄養素やサプリメントはどんなものなのかをまとめました。
食事でデコルテニキビ対策できる?おすすめのメニューはこれ
ニキビの改善には体の中のケアも大切。摂りたい栄養素やオススメメレシピメニューをまとめました。
デコルテニキビをケアできる薬やクリームの特長とは
胸ニキビのケアに薬やクリームがありますが、それぞれの違いや使い分けについてまとめました。
思春期に多いデコルテニキビの原因と対策のコツとは
ニキビができやすい思春期。胸にできてしまったニキビの対策についてまとめました。
衣類や寝具を清潔にしないとデコルテニキビは発生しやすい?
毎日使用する布団やベット。ダニがたまりやすい寝具をほうっておくと、胸元ニキビの原因になるともいわれています。