衣類や寝具を清潔にしないとデコルテニキビは発生しやすい?

MENU

ベットや布団をキレイにして胸ニキビを予防しよう

デコルテニキビがなくなってもすぐにまた次のニキビができてしまうという方は、衣類や寝具の洗濯頻度を見直してみましょう。
今まで洗濯頻度が少なかったという方は、小まめに洗濯するだけでデコルテニキビができなくなることもありますよ。

 

1度着たら洗濯!を心掛けて

おしゃれ着の中には、洗濯やアイロンがけなどの手入れが大変なものが多いですよね?

 

そういったこともあってか肌着は毎日洗っていても、シャツやセーターなどの上に着る衣類は頻繁に洗わない方もいるようです。
特に冬は汗をかきにくいため、そのように感じる方も多いと思います。

 

しかし冬でも汗はかきますし、上に着ている衣類にも汗が付着します。
その他にも目に見えない外気の汚れやホコリなどが付着しているものです。

 

またデコルテ周辺は、食べ物のカスや唾などの汚れが付くこともあるでしょう。
そのままの状態で衣類を着ると、それらの菌がデコルテに付いてニキビができやすくなります。

 

そのため汚れが見えないからと安心せずに、1度着用したら洗濯することを習慣づけましょう。

 

 

寝具にはニキビの元になるものがいっぱい!

衣類同様、寝具も小まめに洗うことが大切です。
一見寝具は衣類よりも汚れが少ないと思われがちですが、実は汗や皮脂、フケなどがたくさん付着しています。

 

寝ているときにかく汗の量はコップ1杯分とも言われているので、その量を考えるといかに汗を吸い込んでいるかがわかるでしょう。

 

汚れが多いということは、ダニがたくさんいる可能性もあります。
そのような寝具で寝ると雑菌が毛穴に入って炎症を起こし、デコルテニキビが発生する可能性が高くなります。

 

 

枕カバーやシーツ、パジャマなどの洗える寝具はできるだけ毎日洗濯して、清潔な状態を保ちましょう。
毎日洗濯するのが難しい場合は、最低でも3日に1回を目安にして洗濯してください。

 

 

洗えない寝具はどうするの?

布団やベットマットなどの洗えない寝具は、干したりアイロンをかけたりしてダニを退治しましょう。
ダニは50度以上で死滅すると言われています。

 

干せる寝具の場合は太陽が出ているときに出して汗を乾かしたりダニを死滅させたりすることができますが、ベットマットは干すことができません。

 

そのため太陽の代わりにダニマットを使ったり、アイロンをあてるという方法もあります。
そのとき布団が焦げるのを防ぐために、固く絞った濡れ雑巾をアイロンの下に敷いてください。

 

それで完成ではなく、その後に掃除機をかけて死骸を吸い取る必要があります。
また温かい所や湿気があるところをダニは好むので、布団を収納する際は換気をよくすることも大切です。

 

 

不衛生な衣類や寝具がデコルテニキビの原因になるということがわかったのではないでしょうか?
できるだけ毎日衣類や寝具を洗濯したり干したりして清潔な状態を保ち、ニキビを予防しましょう。

アイテム別人気ランキング

洗顔料ランキング 化粧水ランキング


>>クリック


>>クリック

クレンジングランキング 美容液ランキング


>>クリック

>>クリック
保湿・乳液 オールインワンゲル

>>クリック

>>クリック


衣類や寝具を清潔にしないとデコルテニキビは発生しやすい?関連ページ

デコルテニキビはなぜ発生するの?主な原因について
胸元にできるデコルテニキビができる主な原因についてまとめました。
胸・デコルテニキビの原因は服にあり?おすすめの選び方とは
デコルテニキビの原因は洋服での刺激も考えられます。服の選び方についてまとめました。
胸・デコルテニキビに効果的?サプリメントの選び方について
胸元のニキビのために摂りたい栄養素やサプリメントはどんなものなのかをまとめました。
かゆみのある胸ニキビを引っ掻くのはダメ?どうしたらいいの?
デコルテニキビが痒くなったらどんなケアをすればいいのでしょうか。普段のケアやすぐに痒みを抑える対策などをまとめました。
食事でデコルテニキビ対策できる?おすすめのメニューはこれ
ニキビの改善には体の中のケアも大切。摂りたい栄養素やオススメメレシピメニューをまとめました。
デコルテニキビをケアできる薬やクリームの特長とは
胸ニキビのケアに薬やクリームがありますが、それぞれの違いや使い分けについてまとめました。
思春期に多いデコルテニキビの原因と対策のコツとは
ニキビができやすい思春期。胸にできてしまったニキビの対策についてまとめました。