ニキビ 美容液

MENU

ニキビ跡に美容液は必要?

ニキビ跡に美容液は必要ですか?化粧水と何が違うのかわかりません・・・

 

 

 

美容液に正式な定義はありませんが、一般的に化粧水よりも有効成分が豊富に含まれている物が多いです。

 

容量の割に高額なので、使っていない方もいるようですが、化粧水と比べて濃度が濃く浸透力が優れているため、真皮層まで届くものもあります。
化粧水を変えても効果がなかった・・・なら、ぜひ美容液を取り入れるべき!!


 

高いけれど、そのぶんメーカーも力をいれている美容液

 

「いまニキビができている状態」よりも
ニキビ跡が赤く残っている状態」の方によりおすすめです。

 

ニキビ跡用の美容液を選ぶポイント

 

美容液は配合されている成分によってその目的が異なります。
保湿効果のあるもの、美白やアンチエイジングなどが多いですね。

 

ニキビ跡のケア用に選ぶなら、ビタミンC誘導体など美白成分を含んだ美容液を選びましょう。
赤や茶色に色素沈着したニキビ跡のケアに向いています。

 

 

美容液がニキビ跡におすすめの理由とは

化粧水よりも濃度が濃い!

美容液に含まれている美容成分などの有効成分は、化粧水のものより高濃度の場合が多いです。より効果が期待できます。

化粧水よりも浸透力に優れている!

豊富な有効成分をより肌に浸透しやすくするために、有効成分をナノカプセル化したり、肌に長くとどまるような加工がされているものが多いです。

化粧品の効果が期待できる!

美容液は1万円前後するものが多いため、高く感じますが、その分開発や研究にメーカーが最も力を注ぐアイテム。効果がもっとも期待できるアイテムともいえます。

 

 

美容液の使い方

 

基本的に、メーカーの説明書通りに使えばOK
適量を手のひらにとって、やさしくハンドプレスで馴染ませます。

 

注意!
美容液を使用する順番は、化粧水⇒美容液の順が多いですが、
まれに美容液⇒化粧水の順番で使用するタイプも有ります。説明書どおりに使うべきなので守りましょうね。

 

また、2種類以上の美容液を使う場合は、テクスチャーの軽いもの⇒重い物の順につけていきましょう。化粧水のようなサラサラ系は先、オイル系の重い美容液は後、です。

 

アイテム別人気ランキング

洗顔料ランキング 化粧水ランキング


>>クリック


>>クリック

クレンジングランキング 美容液ランキング


>>クリック

>>クリック
保湿・乳液 オールインワンゲル

>>クリック

>>クリック


ニキビに美容液は必要?関連ページ

ニキビ予防向き!クレンジング選びのコツ
ニキビができやすい肌向けのクレンジングはどう選べばいいのか。オイル?クリームどっちがおすすめ?私のおすすめのクレンジングとともに紹介します
基本の洗顔方法
ニキビやニキビ跡をケアするなら、まずは正しい洗顔方法をチェック!どんな洗顔料がおすすめ?洗い方のコツをまとめました。
化粧水はこう選ぶ!
ニキビ跡におすすめの化粧水の選び方とは?おすすめ成分や化粧水の付け方、パックの方法などニキビ跡化粧水の効果を高める方法を掲載。
ニキビ肌向けの保湿剤
ベタつくからといって化粧水のみで済ませていませんか?ニキビは乾燥からもできてしまうため、保湿ケアは必須!ニキビ肌でも使いやすい保湿クリームを紹介します。
ニキビ跡の種類
ニキビ跡には3つのパターンが有ります。赤く残ったニキビ跡、色素沈着ニキビ跡、クレーターニキビ跡などその治し方も異なるので注意です。
ニキビトラブルにかかせない良質な睡眠をとるコツ
肌トラブルは良質な睡眠をとることも大切。ただたくさん眠れば良いだけではなく、気をつけないといけないポイントをまとめました。
ニキビケアにおすすめのビタミン・栄養素はこれだ!
ニキビケアのために摂りたい栄養素やビタミン・食事をまとめました。
ニキビ肌に乳液は必要?
ニキビがある肌に乳液を使うべき?使わない方がいいの?ニキビ肌向けのベタつきにくい乳液も紹介中
花粉症とニキビのカンケイ
花粉症が原因で肌トラブルが起きる?鼻水などの症状がなくても、花粉症によるニキビなどの肌荒れが起きることってあるんです。
産後ニキビがひどくてどうしよう
出産後のニキビ・肌荒れがひどくなった方はとっても多いです。お医者さんに行ってもなかなか治らない吹き出物や肌荒れを防ぐためのポイントをまとめました
生理前ニキビができる!化粧品選びのポイントとは
生理前の肌は、女性ホルモンのバランスが崩れニキビや肌荒れの起こりやすい時期。生理前にニキビができやすい方の化粧品選びのポイント・おすすめ商品を紹介しました。
大人ニキビケア 化粧品の選び方について
20-30代でもニキビができていた管理人。スキンケア化粧品を選ぶ時のコツについてまとめました。