ニキビ 保湿

MENU

にきびがある時は保湿クリームは使うべき?

ニキビ肌にはどんな保湿剤を選べばいいの?

 

 

 

ニキビができやすい人は、オイルや油分によってニキビが増えてしまうことが有ります。
化粧水のみでは乾燥して乾燥ニキビができてしまうため、ゲルやジェルなどの油分の少ない保湿剤がおすすめ


 

「ニキビができやすい」、「肌がべたつく」といって、化粧水後に何も肌に付けない方もいますがこれはNG!
保湿ケアをしないと、水分が蒸発し足りなくなってしまうため、かえって肌がテカりやすくなりニキビもより増えやすくなります。
ベタベタしにくい保湿クリームもたくさんあるためそちらを使いましょう!

 

 

ニキビ肌向けの保湿クリームを選ぶポイント!

 

オイル・クリーム系より乳液やゲルタイプの油分が少ないものを選ぶ!

保湿剤には、乳液タイプ、ゲルタイプ、クリームタイプ、オイルタイプなどの種類がありますが、油分が多いオイルやクリームタイプは、アクネ菌が繁殖し新たにニキビができやすくなる場合もあります。
ニキビがよく出来る方はオイルは避けましょう。

 

ノンコメドジェニックテスト済みならニキビ肌向け

ノンコメドジェニック化粧品ならニキビの原因となるアクネ菌を増やさないよう工夫されています。ノンコメドジェニックテスト済みとあるものを試すのもおすすめ

 

 

乾燥が気になるなら保湿美容液と合わせて使う!

乳液やゲルの保湿剤では乾燥してしまう方は保湿成分入りの美容液との併用がおすすめです。
セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなど水分をキープしてくれる成分の入った美容液を使用することで潤いを逃さない効果を期待できます。

 

アイテム別人気ランキング

洗顔料ランキング 化粧水ランキング


>>クリック


>>クリック

クレンジングランキング 美容液ランキング


>>クリック

>>クリック
保湿・乳液 オールインワンゲル

>>クリック

>>クリック


ニキビがある時の保湿剤関連ページ

ニキビ予防向き!クレンジング選びのコツ
ニキビができやすい肌向けのクレンジングはどう選べばいいのか。オイル?クリームどっちがおすすめ?私のおすすめのクレンジングとともに紹介します
基本の洗顔方法
ニキビやニキビ跡をケアするなら、まずは正しい洗顔方法をチェック!どんな洗顔料がおすすめ?洗い方のコツをまとめました。
化粧水はこう選ぶ!
ニキビ跡におすすめの化粧水の選び方とは?おすすめ成分や化粧水の付け方、パックの方法などニキビ跡化粧水の効果を高める方法を掲載。
美容液は使うべき?
ニキビ跡には美容液は必要なのか。化粧水との違いやどんな成分入りの美容液を選べばいいのかなど、ニキビ肌にぴったりの美容液を紹介
ニキビ跡の種類
ニキビ跡には3つのパターンが有ります。赤く残ったニキビ跡、色素沈着ニキビ跡、クレーターニキビ跡などその治し方も異なるので注意です。
ニキビトラブルにかかせない良質な睡眠をとるコツ
肌トラブルは良質な睡眠をとることも大切。ただたくさん眠れば良いだけではなく、気をつけないといけないポイントをまとめました。
ニキビケアにおすすめのビタミン・栄養素はこれだ!
ニキビケアのために摂りたい栄養素やビタミン・食事をまとめました。
ニキビ肌に乳液は必要?
ニキビがある肌に乳液を使うべき?使わない方がいいの?ニキビ肌向けのベタつきにくい乳液も紹介中
花粉症とニキビのカンケイ
花粉症が原因で肌トラブルが起きる?鼻水などの症状がなくても、花粉症によるニキビなどの肌荒れが起きることってあるんです。
産後ニキビがひどくてどうしよう
出産後のニキビ・肌荒れがひどくなった方はとっても多いです。お医者さんに行ってもなかなか治らない吹き出物や肌荒れを防ぐためのポイントをまとめました
生理前ニキビができる!化粧品選びのポイントとは
生理前の肌は、女性ホルモンのバランスが崩れニキビや肌荒れの起こりやすい時期。生理前にニキビができやすい方の化粧品選びのポイント・おすすめ商品を紹介しました。
大人ニキビケア 化粧品の選び方について
20-30代でもニキビができていた管理人。スキンケア化粧品を選ぶ時のコツについてまとめました。