ニキビ跡の種類

MENU

ニキビ跡の種類まとめ

ニキビが治った後にも、ニキビ跡が目立ってしまい悩んでいる方はとっても多いですね。
にきび跡は病院に行かないと治らないイメージがありますが、ニキビ跡の種類によっては、自宅でのケアで改善することが可能です。

 

ニキビ跡の種類

ニキビ跡の種類は大きく分けてこの3つあります。

 

赤みのあるニキビ跡

ニキビが炎症を起こしたあとに、ニキビ自体は治ってきているのにいつまでも赤く腫れたようにボコボコしているニキビ跡。

 

赤みを放置していても薄くなるのは時間がかかってしまうためビタミンC誘導体入の化粧品の使用をおすすめします。
イオン導入器で使用すると、より浸透しやすくなります。

 

 

シミ(色素沈着)ニキビ跡

赤〜茶色くシミのようになったニキビ跡を炎症性色素沈着といいます。
赤みのあるニキビ跡同様、放置していても消えにくいため美白化粧品の使用がおすすめ。
また、美容皮膚科でのピーリング等も有効とされています。

 

紫外線を浴びて日焼けすると、とても消えにくくなるため注意

 

デコボコ陥没クレーターニキビ跡

芸能人のブラマヨ吉田さんのようなぶつぶつしたニキビ跡。残念ながら自宅でのケアでは改善が難しいタイプ(T_T)
美容皮膚科でのレーザー治療などを受けてみるのも改善策の一つ。

 

費用は皮膚科によってさまざまなので、カウンセリングでしっかり説明を聞いてから受けてみましょう。

 

ニキビ跡の種類まとめ

ニキビ跡が残ってしまうのは、ニキビが炎症を起こし、毛穴の壁を壊してしまい広がってしまうから。
ひどい炎症おこせばおこすほど、クレーターのようにへこんで後が残ってしまうそうです。

 

ニキビ跡を残さないためにも、ニキビの予防ケアが一番大切なんですね。

 

できてからなんとかするのではなく、ニキビが出来ない肌を目指していきましょう。

 

 

 

アイテム別人気ランキング

洗顔料ランキング 化粧水ランキング


>>クリック


>>クリック

クレンジングランキング 美容液ランキング


>>クリック

>>クリック
保湿・乳液 オールインワンゲル

>>クリック

>>クリック


ニキビ跡の種類関連ページ

ニキビ予防向き!クレンジング選びのコツ
ニキビができやすい肌向けのクレンジングはどう選べばいいのか。オイル?クリームどっちがおすすめ?私のおすすめのクレンジングとともに紹介します
基本の洗顔方法
ニキビやニキビ跡をケアするなら、まずは正しい洗顔方法をチェック!どんな洗顔料がおすすめ?洗い方のコツをまとめました。
化粧水はこう選ぶ!
ニキビ跡におすすめの化粧水の選び方とは?おすすめ成分や化粧水の付け方、パックの方法などニキビ跡化粧水の効果を高める方法を掲載。
美容液は使うべき?
ニキビ跡には美容液は必要なのか。化粧水との違いやどんな成分入りの美容液を選べばいいのかなど、ニキビ肌にぴったりの美容液を紹介
ニキビ肌向けの保湿剤
ベタつくからといって化粧水のみで済ませていませんか?ニキビは乾燥からもできてしまうため、保湿ケアは必須!ニキビ肌でも使いやすい保湿クリームを紹介します。
ニキビトラブルにかかせない良質な睡眠をとるコツ
肌トラブルは良質な睡眠をとることも大切。ただたくさん眠れば良いだけではなく、気をつけないといけないポイントをまとめました。
ニキビケアにおすすめのビタミン・栄養素はこれだ!
ニキビケアのために摂りたい栄養素やビタミン・食事をまとめました。
ニキビ肌に乳液は必要?
ニキビがある肌に乳液を使うべき?使わない方がいいの?ニキビ肌向けのベタつきにくい乳液も紹介中
花粉症とニキビのカンケイ
花粉症が原因で肌トラブルが起きる?鼻水などの症状がなくても、花粉症によるニキビなどの肌荒れが起きることってあるんです。
産後ニキビがひどくてどうしよう
出産後のニキビ・肌荒れがひどくなった方はとっても多いです。お医者さんに行ってもなかなか治らない吹き出物や肌荒れを防ぐためのポイントをまとめました
生理前ニキビができる!化粧品選びのポイントとは
生理前の肌は、女性ホルモンのバランスが崩れニキビや肌荒れの起こりやすい時期。生理前にニキビができやすい方の化粧品選びのポイント・おすすめ商品を紹介しました。
大人ニキビケア 化粧品の選び方について
20-30代でもニキビができていた管理人。スキンケア化粧品を選ぶ時のコツについてまとめました。